J2東京Vへ期限付き移籍のMF梶川諒太

 徳島ヴォルティスは13日、MF梶川諒太(31)がJ2東京Vへ期限付き移籍すると発表した。契約期間は2022年1月31日まで。

 梶川は昨季、東京Vから完全移籍で加入。足元の技術が高く運動量も豊富で、ボランチやインサイドハーフを担った。リーグ戦出場は15試合にとどまったが、常に準備を怠らない真摯(しんし)な姿勢を貫き、チームに好影響を与えた。

 梶川は「コロナ禍で難しい状況の中、目標であった昇格を掴み、シャーレ(優勝プレート)を掲げることができてうれしかったです。個人的にはピッチ内でチームに貢献できず、申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでしたが、昇格するチームの雰囲気や、選手だけでなくコーチングスタッフやフロントスタッフ、そしてヴォルティスに関わる全ての人が目標に向かって同じ方向を向いている一体感を肌で感じることができ、多くのことを学ばさせていただきました。徳島で学んだことをこれからのサッカー人生に役立てられるように頑張ります。どんな時も応援していただいたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」とクラブを通じてコメントした。

 契約上、梶川は徳島との全ての公式戦に出場できない。