起業家支援に取り組む一般社団法人徳島イノベーションベース(TIB、徳島市)は15日午後6時から、1月例会をオンラインで開く。農業支援事業を手掛けるサグリ(兵庫県丹波市)の坪井俊輔代表取締役グローバル最高経営責任者=CEO=(26)が、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」で東京から講演する。誰でも無料で視聴できる。

 坪井氏は横浜国立大在学中の2016年に、民間初の宇宙教育会社「うちゅう」を立ち上げた。18年には、人工衛星のデータを基に人工知能(AI)で耕作地を解析し、農業の省力化などを支援するサグリを設立。20年の売上高は7500万円に上る。

 例会では「起業家の熱が世界を変える」と題し、急成長を続ける背景やその行動力の源泉などについて話す。質疑応答もある。

 視聴希望者は<https://is.gd/hY7oYQ>にアクセスし、氏名、メールアドレス、参加方法などを登録する。TIB会員は徳島市のアミコビル9階にあるコワーキングスペースで視聴できる。コワーキングスペースでの視聴は先着40人で、14日午後8時までに申し込みが必要。問い合わせはTIB事務局<contact@tibase.jp>。