PK戦で勝利を決めたMF岸田<6>と抱き合って喜ぶ鳴門渦潮イレブン=兵庫県洲本市の五色台運動公園

 サッカーの第26回全日本高校女子選手権は31日、兵庫県洲本市の五色台運動公園などで2回戦が行われた。

 四国第1代表の鳴門渦潮(徳島)はPK戦の末に日本航空(関東第5代表・山梨)を下し、ベスト8に進出した。
 
 鳴門渦潮の準々決勝の相手は大商学園(関西第2代表・大阪)。1月2日午前10時半から兵庫県の三木総合防災公園第2陸上競技場で4強入りをかけて戦う。

 ▽2回戦

 鳴門渦潮 1-1 日本航空
      1-1
      0-0
      PK戦
      5-4

 得点 【鳴門渦潮】26分、新堀【日本航空】13分、冨尾