『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』30代部門に選出された戸田恵梨香 (C)ORICON NewS inc.

 女優の戸田恵梨香(32)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第32回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の30代部門に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。

【動画】“結婚指輪”質問に笑顔!大胆ドレスで登場した戸田恵梨香

 昨年12月に俳優の松坂桃李(32)と電撃婚した戸田は、黒のドレス姿で壇上に上がると「本日はこのような素晴らしい賞をいただき、本当にありがとうございます」とあいさつし、「私の初めてジュエリーは、両親がプレゼントしてくれたパールのネックレス。私にとってそれはお守りのような存在で、大事な時に身につけるようにしています。このジュエリーのように輝けるよう、精進してきます」と笑顔でスピーチをした。

 式後には、報道陣の取材に対応し「こんなきらびやかな宝石をいただいて、重さと喜びを同時に味わっています。これから40代、50代と歳を重ねて益々、ジュエリーの似合う女性になっていけたらと改めて思いました。(ジュエリーは)自分の気持ちを女性として輝かせてくれる存在」と語った。

 左手薬指に指輪は見られなかったものの、報道陣から「薬指に輝くジュエリーは?」と質問されると「あはは」と笑いながら「ステキだと思います」と返す一幕も。その後も“結婚指輪”に関する質問が飛んだが、関係者がシャットアウトする形で質疑応答が終了した。

 そのほか、10代部門は森七菜(19)、20代部門は新木優子(27)、40代部門は小池栄子(40)、50代部門は斉藤由貴(54)、60代部門は田中美佐子(61)、男性部門は横浜流星(24)、特別賞は内田篤人氏(32)が受賞した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。