気象庁=東京都港区虎ノ門

 前線を伴った低気圧の影響で、16日の日本列島は広く大気の状態が不安定になる見込みで、気象庁は竜巻などの激しい突風や強い雨など急な天候悪化に注意を呼び掛けた。17日は冬型の気圧配置が強まりそうだ。

 気象庁によると、低気圧が発達しながら北海道を通過し、前線から延びた寒冷前線も本州や九州、四国を抜ける。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、寒気の影響を受けそうだ。

 北海道は16日夕方まで猛吹雪・吹きだまりや暴風、近畿は夕方にかけて突風やひょう、雷、急な強い雨、北陸の石川県や福井県では夜遅くにかけて雷や突風、ひょうにそれぞれ注意が必要になる。