徳島県警

 徳島県警捜査1課と徳島名西署は17日、衰弱した長男を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで、徳島市国府町の無職の女(50)を再逮捕した。長男は知的障害があり、調べに対し、女は「世話をするのに疲れた」と供述している。

 逮捕容疑は、昨年11月下旬、同居の無職長男(26)が体調を崩し、食事を十分に取ることができない状態だったにもかかわらず、治療を受けさせるなどの措置を取らず放置し、12月上旬に病死させたとしている。

 署によると、女と長男は2人暮らし。長男は11月下旬以降あまり食事を取らなくなった。発見時は、肌着を着用しており、2階建て住宅の1階台所に敷かれた布団の中であおむけに寝かされていた。遺体は乾燥していたが外傷はなく、死因は気管支肺炎だった。

 県警は長男の遺体を遺棄したとして、昨年12月28日に死体遺棄の疑いで女を逮捕していた。