「書・紫舟」

 17日に発表された徳島ヴォルティスの2021年スローガンは「壱(ONE)」。「一」の旧字体「壱」を使い、「ワン」と読ませる。

 岸田一宏社長は会見で「J1定着に向け、新たな一歩」「一つでも上の順位へ」「平常時の一試合平均入場者数目標1万人」といった、「一」という文字が共通するキーワードを挙げ、スローガンに込めた意味を説明。「壱という言葉には『そのことばかりに打ち込む様子』という意味もある」と語り、J1定着に向けてひたむきに努力していくことを誓った。

 書はNHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字を手掛けた女性書家・紫舟(ししゅう)さんの書き下ろしとなっている。