ボリューム感も食感もショートパスタと似ている…ということは、サラダとも相性がいいはず! そこで、いろんなサラダに合わせてみることに。今回は、ころんと丸いフォルムがどこかショートパスタっぽい愛晃の丸型ふしめんを使った。

●たまごサラダ

写真を拡大 玉ねぎやハムを加えるのもおすすめ。市販のたまごサラダを買ってふしめんを混ぜるのが一番の時短かも。

調理時間のめやす(約10分)

【材料 (1人分)】
◦ふしめん 適量
◦卵 1個
◦マヨネーズ 適量
◦塩コショウ お好みで

【作り方】
① 沸騰した湯でふしめんと卵を茹でる(鍋は別にする)。ふしめんはパッケージに表示された時間がきたらザルにあげてサッと水にくぐらせ、しっかり水を切る。
② ゆで卵の殻を剥き、フォークなどで潰す。
③ ②に①を入れ、マヨネーズで和える。お好みで塩コショウを振り、味を調える。

【食後リポート】
いろんなサラダを試して、ふしめんはショートパスタ感覚で使えるということがわかった。茹で具合によるかもしれないが、もっちりしていて食べ応えがあるように感じた。特にたまごサラダとの相性がいい! 

目分量でOK!少し作りすぎてしまっても無問題!ふしめんサラダ活用術!

●夕食に、ふしめんサツマイモサラダ

写真を拡大 サツマイモの潰し具合はお好みで。今回は粗めに潰してホクホク感を残した。ジャガイモやカボチャに変更しても美味。

調理時間のめやす(約10分)

【材料】
◦サツマイモ
◦ハム 
◦玉ねぎ
◦ふしめんマヨサラダ  
◦マヨネーズ 

【作り方】
① サツマイモの皮を剥き、一口大に切る。器に入れて水を少しかけたらラップをし、レンジ(600W)で5分程蒸す。箸がスッと通るくらい柔らかくなったら粗熱を取り、潰す。
②ハムは細切り、玉ねぎは薄くスライスして①に入れ、ふしめんマヨサラダ(※)とマヨネーズを加えて混ぜる。

【ふしめんとは?】もともとはそうめんを作る過程での副産物である「ふしめん」。棒にそうめんをかけて干す「旗かけ」という工程で、麺の端の棒にかかっている部分が節状に平たくなる。最も力がかかるところで、そうめんと同じ材料だが強い粘り気が出てそうめんとはまた違った食感に。その節状になった部分のみを集めて乾燥させ、パッケージに詰めてスーパーなどで販売している。