ミーゴレンはインドネシアやマレーシアなど東南アジア発祥の料理で、甘辛くスパイシーな味わい。本来は中華麺を使うが、ふしめんならどんな感じになるんだろう。冷凍シーフードミックスを用いて、シーフード感溢れる一品に仕上げてみた。今回は現地の屋台に思いを馳せながら外で食べた。

写真を拡大 小松菜やニラ、パプリカ、タケノコ、鶏肉、厚揚げなどを入れても◎!

調理時間のめやす(約15分)

【材料 (1人分)】
◦ふしめん 約100g
◦油 適量
◦卵 1個
◦おろしニンニク(チューブでOK) 小さじ1/2
◦冷凍シーフードミックス(エビ、イカ、アサリなど) 1/2袋
※解凍が必要なものは解凍しておく
◦カット野菜(キャベツ、ニンジン、タマネギ、モヤシ) 1/2袋 
◦コショウ 少々
◦レモン 1/4個
◦パクチー お好みで(今回は飾りにバジルを振った) 

【調味料 ※お好みにより】
◦ケチャップ 小さじ1
◦オイスターソース 小さじ1
◦砂糖 小さじ1
◦醤油 小さじ1
◦豆板醤 小さじ1
◦酢 小さじ1/2

【作り方】
① 沸騰した湯でふしめんを30秒程茹でる。後で炒めるうえ余熱で火が通るので、多少芯が残っていても大丈夫。湯切りしたら麺がくっつくのを防ぐために油を少しかけてなじませて。
② 油を引いたフライパンに卵を割り入れて目玉焼きを作り、皿に取っておく。
③ フライパンで油とおろしニンニクを熱し、香りが立ったらシーフードを投入。エビの色が変わったらカット野菜を加え、少ししんなりしたら①を入れてさらに炒める。
④ 【調味料】を混ぜたソースを③に入れて炒め合わせる。ふしめん自体に塩気があるので、塩辛くならないよう味見をしながら調整しよう。
⑤ コショウで味を調えたら皿に盛り、②やレモン、パクチーなどをトッピングして完成。

【食後リポート】
平たくコシがありもっちりとした食感のふしめんがよく合っている。ふしめん自体に塩気があるので、ソースの量は好みで調整が必要。今回は甘めの味つけにしているけれど、トウガラシやナンプラーを使うとより東南アジア風の味わいになる。焼きそば感覚でできるので、BBQやキャンプでも作れる。ふしめんを米粒くらいのサイズに刻んで、ナシゴレン風にもできそう。 

【ふしめんとは?】もともとはそうめんを作る過程での副産物である「ふしめん」。棒にそうめんをかけて干す「旗かけ」という工程で、麺の端の棒にかかっている部分が節状に平たくなる。最も力がかかるところで、そうめんと同じ材料だが強い粘り気が出てそうめんとはまた違った食感に。その節状になった部分のみを集めて乾燥させ、パッケージに詰めてスーパーなどで販売している。