徳島県警

 徳島県警は18日、架空料金請求詐欺で阿波市の40代女性が30万円分の電子マネーをだまし取られる被害に遭ったと発表した。

 捜査2課によると9日、女性のスマートフォンに「使用状況に関する連絡があります」という文言と、実在する大手通信事業者の名前が書かれたショートメッセージが届いた。記された固定電話の電話番号に連絡すると、同社の職員を名乗る男から、サイト登録の未払い料金を請求された。

 女性に心当たりは無かったが「一度払ってくれたら返金が可能」などと言われ、コンビニで30万円分の電子マネーを購入してIDを伝えた。後日、追加の未払い金請求の電話がかかってきたため不審に思い、16日に被害届を出した。