手をさすりながら足早にビルに駆け込む通行人=19日午後6時ごろ、徳島駅前

 20日は二十四節気の「大寒」。一年で最も寒い頃とされる。

 徳島地方気象台によると、19日の徳島県内は高気圧に覆われたが、寒気や湿った空気の影響で雲が広がり、北部では気温が上がりにくかった。最高気温は徳島市7・5度、美馬市穴吹町6・2度など多くの観測地点で平年を下回った。

 徳島駅前では午後6時ごろ、冷たい風が吹いて5度まで下がり、通行人らが手をさすりながら足早にビルに駆け込んでいた。

 20日朝の県内は、放射冷却の影響で内陸部を中心に冷え込みそう。最低気温は三好市池田町氷点下4度、徳島市と美波町は1度の予想で、平年を3・4~1・4度ほど下回る見通し。日中は高気圧に覆われて晴れる見込み。