日本航空(JAL)徳島支店は19日、2021年度上半期(3月28日~10月30日)の路線便数計画を発表した。徳島阿波おどり空港発着の札幌線を8年連続で季節運航する。

 徳島-札幌線は8月の1カ月限定で、毎週火、木、土曜に1日1往復する。機材はボーイング737-800(165席)を使用する。東京線は1日6往復、福岡線は同2往復を継続する。