アンゴラ戦でシュートを放つ東江=アレクサンドリア(田口有史/JHA提供・共同)

 ハンドボール男子の世界選手権は19日、エジプトのアレクサンドリアなどで1次リーグ最終戦が行われ、C組の日本はアンゴラに30―29で競り勝って初白星を挙げ、通算1勝1分け1敗の同組3位で2次リーグ進出を決めた。1次リーグ突破は1997年の熊本大会以来、24年ぶり2度目。

 前半を16―12で折り返した日本は、後半に入り一度はリードを許したが、主将の土井のゴールなどで逆転した。

 日本は6チームずつで争う2次リーグでアルゼンチン、デンマーク、バーレーンと戦う。1次リーグでも同組だったクロアチアとカタールとの対戦結果は持ち越すため、1分け1敗からのスタートとなる。