英国で流行した新型コロナウイルスの変異種に感染した静岡県内の3人のうち、20代女性は感染した可能性のある期間に県外に出ていなかったことが20日、県への取材で分かった。国内初の経路不明の変異種感染症例とされるが、県は、20代女性が静岡で変異種に感染した可能性があるとみており、警戒を強めている。

 県などによると、20代女性は3人の中で最初に発症。県外のPCR検査で変異ウイルスの感染が疑われた別の患者と接触があった。20代女性の濃厚接触者で静岡県内の40代女性も、変異種の感染が判明した。

 県は20日夜、専門家会議を開き、変異種の感染者拡大防止対策を話し合った。