徳島名西警察署

 徳島名西署は21日、常習累犯窃盗の疑いで、板野町の無職の男(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月7日、徳島市の神社で日本酒1本(時価千円相当)を盗んだとしている。

 署によると、日本酒は拝殿に供えられていた。宮司が被害届を出し、付近の防犯カメラの映像などから男を特定した。