昨秋、徳島市大原町に誕生したブーランジェリー。店主の篠原翔大さん(33・徳島市出身)は23歳でパン職人を志し、全国に展開するベーカリーで10年間腕を磨いた。「モノづくりが好きだったので、どんどん仕事にのめり込んでいきました。毎日パンのことしか考えてなかったです」と朗らかに話す。

写真を拡大 オーブンから焼きたてのパンを取り出す店主の篠原さん。

 スタイリッシュな店内に、バゲットやクロワッサン、デニッシュ、菓子パン、調理パンと様々な種類が並ぶ。食パンは北海道産小麦を使用した角食パンや、フランスパンの生地で焼いたハード食パン、湯種製法で一晩ゆっくり発酵させたママン(1本680円)の3種類。ママンはそのまま食べられるしっとり感が特徴で、手土産に購入するお客さんも多い。

写真を拡大 食パン 角(1本840円、1斤280円)。北海道産小麦使用。もちもち食感で耳も食べやすい。
写真を拡大 芳醇な発酵バターを使ったクロワッサン(220円)。

 「調理パンは具材の持ち味を楽しんでもらいたい」と篠原さん。極太のソーセージを丸ごと生地で包み、チーズでカリカリに焼き上げたソーセージフランスや、スペイン産イベリコ豚のベーコンを分厚くカットし、玄米のチャバタで挟んでチーズやハニーマスタードソースで仕上げたサンドは食べごたえがある。「具材を生かすためにパンに余計な味つけはしません。ごはんみたいに毎日でも飽きることなく食べられるパンを焼いています」。具材を引き立てるソース類も手作りするこだわりだ。

写真を拡大 イベリコ豚〜ハニーマスタード仕立て〜(360円)。あっさりとした玄米のチャバタにスペイン産イベリコ豚のベーコンをサンド。

 12月にはクリスマスの定番菓子・シュトーレンや、新年を祝うガレット・デ・ロワを販売した。「今後も季節の行事とともに、ヨーロッパの食文化を紹介していきたいと思っています」。

メニュー
・コーンパン(200円)
・和三盆メロンパン(220円)
・パン・オ・ショコラ(250円)

住所=徳島市大原町千代ケ丸94-6
088-676-4936
営業時間=9:00〜18:00(売切まで)
定休日=月曜、火曜休

駐車場:あり
キッズスペース:なし
多機能トイレ:なし
開店:2020年10月15日
Wi-Fi:なし