愛媛県は22日、18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。26日までとしていた首都圏への不要不急の往来や出張の自粛を要請する特別警戒期間を、2月7日まで延長することも明らかにした。県内の感染確認は909人になった。

 延長は陽性者増加による医療機関への負荷が極めて高いことなどが理由。松山市内の酒類を提供する飲食店に対しての営業時間短縮も、同様に7日まで要請する。

 陽性が確認された18人には、クラスター(感染者集団)発生が認定されている県警今治署の男性警察官1人が含まれる。

【四国コロナ感染情報はこちら】