学校法人生光学園(徳島市応神町)は22日、新型コロナウイルスのクラスター発生を受け、30日から始まる高校の2021年度前期入試を1週間延期すると決めた。

 学園によると、試験は30、31両日から2月6、7両日に延期する。願書受け付けも1月25~28日から2月1~4日に変更される。合格発表は12日。試験会場はこれまで通り校舎などを使い、事前にホームページに掲載する。

 高校では19日以降、生徒の感染確認が相次いでおり、県は一連の感染をクラスターと判断。学園は受験生の不安を払拭し、安心して試験に臨める環境を整えるために延期を決めた。