予防接種の注射器使い回しが原因となった全国B型肝炎訴訟の大阪訴訟で、徳島県在住の4人を含む原告62人と国との和解が22日、大阪地裁で成立した。4人には病態に応じて給付金50万~1250万円が支払われる。

 大阪訴訟の和解成立は4957人(県関係133人)になった。