皮がめくれカサカサに

 【質問】30代の男性です。手のひらや指にできる無数の小さな湿疹に悩んでいます。市販の塗り薬を使うと一時的に治まりますが、皮がめくれてカサカサになり、再生した頃にまた発症します。こうした繰り返しが10年ほど続いています。完治は難しいのでしょうか。また、発症時の激しいかゆみを緩和する方法があれば、教えてください。

 あいずみ皮ふ科(藍住町矢上)
 井上利之院長

 症状に合わせた外用剤を

 【答え】質問者の手の症状は、非常に長く続いていることから、慢性の手湿疹や異汗性湿疹の可能性があります。

 手湿疹は、二つに大別できます。一つは、職場や家庭で水仕事の機会が多い人によくみられます。手の表面を保護する脂分が失われて乾燥し、角質が壊れて湿疹ができやすくなります。水以外でも、手で紙や布を頻繁に扱うと、脂分の喪失につながります。

 もう一つは、手に付いた物質にかぶれて湿疹になるケースです。原因となる物質は多岐にわたり、化学物質のほか、魚介類や野菜などでも生じることがあります。仕事で日常的にこれらに触れる人は、連休などで職場を離れたときに、症状が軽くなることはないでしょうか。直接手に触れないようにしても、ゴム手袋に含まれる成分でアレルギーを起こすこともあるので気を付けてください。

 原因物質を調べる方法は、そのままか、希釈して背中や二の腕に2日間接触させる「パッチテスト(貼付試験)」があります。かぶれの有無を調べて原因を特定できれば、皮膚への付着を防ぐことで症状は治まります。ただ、どのような状況で症状が悪化するのか、ある程度、事前に原因物質を絞り込む必要があります。

 異汗性湿疹は、手のひらや足の裏に生じる難治性の湿疹変化です。夏季に悪化することが多く、小さな水疱を伴うのが特徴です。手や足に多く存在する汗の管が詰まって水疱を生じさせ、湿疹化するとされます。ただ、汗の管とは関係がないという説もあり、詳しい原因は分かっていません。かぶれのように外からの物質が付着して生じるのではありません。

 金属アレルギーと関連していることもあります。ニッケルやコバルト、クロムといった金属を多く含む食品(豆類、チョコレート、コーヒーなど)は要注意です。缶ジュースや缶詰の容器からわずかに溶出する金属などが影響することもあり、摂取しすぎていないか留意しましょう。

 発症時の激しいかゆみを緩和する方法は、患部を冷やすことで一時的に軽減できます。ただし、持続する炎症は抑えられません。

 市販薬は、かゆみを止める成分がいろいろと配合されています。質問者は、市販薬がある程度効いているようですね。しかし、炎症抑制の効果は弱いことが多く、皮膚科を受診して病状に合わせた強さのステロイドホルモン外用剤で治療した方が、より症状を抑えることができます。

 慢性の手湿疹、異汗性湿疹とも原因が特定できれば、根治か、それに近い状態にもっていけることがあります。ただ、特定できないケースが非常に多く、治療には苦慮します。