国内で23日、新型コロナウイルス感染症による累計死者数が5077人となり、5千人を超えた。昨年11月ごろから本格化した「第3波」の拡大に伴い死者の増加ペースが加速し、歯止めがかからない状況だ。

 累計の死者数が千人増加するのにかかる日数は次第に短くなってきている。死者が千人を超えたのは昨年7月20日で、11月22日に2千人を超えるまでには4カ月余りかかった。だが1カ月後の12月22日には3千人、さらに半月余り後の今月9日に4千人、そこから半月で5千人を超えた。

 感染者は新たに4717人が確認された。内訳は東京1070人、大阪525人、神奈川521人など。死者は大阪14人、東京9人など計83人。神奈川では、同居家族の陽性が判明し、PCR検査を受ける予定だった60代女性が検査前に死亡していたことが判明した。一方で沖縄で2人、兵庫で1人、過去の感染者の取り下げがあった。

 1日の死者数は昨年12月まで、おおむね60人以下で推移していた。今月になって70人を上回る日が出るようになり、19日は初の100人超えとなる104人、22日は108人が報告された。