千葉県は24日、匝瑳市の農場で飼育されているアヒルから鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。県内の飼育施設での発生は今季4例目で、県は対象となる2農場で飼われているアヒル約5400羽の殺処分を始める。

 県によると、21日に同県横芝光町のアヒル農場で鳥インフルエンザが確認されたことを受け、匝瑳市の農場でも検査を実施していた。県は防疫措置として、発生農場から半径3キロ以内を、家禽や卵の移動を禁じる移動制限区域に、3~10キロを域外への搬出を禁じる搬出制限区域とする。