新型コロナウイルスへの対応状況について、病院関係者からオンラインで説明を受けられる秋篠宮さま=25日午前、赤坂御用地の宮廷(宮内庁提供)

 秋篠宮さまは25日、赤坂御用地の宮邸で、自身が総裁を務める社会福祉法人「恩賜財団済生会」の病院関係者から、新型コロナウイルスへの対応状況について、オンラインで説明を受けられた。

 宮内庁などによると、同会本部と埼玉、大阪、福岡の3府県の病院をインターネットで宮邸とつなぎ、各病院の院長らから約1時間、感染者の入院状況や医療態勢、職員のストレスや疲労などの話を聞いた。秋篠宮さまは「限りある人材のもとで、今後とも(対応を)長く続けていくための方策は」と質問した。