関西エアポートが25日発表した2020年の関西空港の運営概況(速報値)によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年比79%減の655万人だった。新型コロナ感染拡大で減便や運休が相次ぎ、1994年9月の開港以来、通年で最低を更新した。各国の渡航制限措置の影響を受けた国際線の落ち込みが特に大きく、国内線に特化した大阪(伊丹)空港を下回った。国際線は86%減の350万人、国内線は56%減の305万人。

 年間の総旅客数が関空で減少したのは東日本大震災が起きた11年以降、9年ぶり。19年は訪日客による国際線の利用が多く、過去最高の3191万人を記録していた。