テレビ東京系新ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』放送直前の生配信に出演した(左から)阿部真士チーフプロデューサー、 濱谷晃一プロデューサー(C)ORICON NewS inc.

 香取慎吾が主演するテレビ東京系新ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜 後10:00)の第1話が放送された25日、開始30分前の午後9時半からORICON NEWSのYouTubeチャンネルで、ドラマプロデューサーによる対談番組が生配信された。香取も電話で生出演し、5年ぶりの主演ドラマをアピールした。

【動画】香取慎吾、生配信でファンの質問に回答

 番組は同局チーフプロデューサーの阿部真士氏とプロデューサーの濱谷晃一氏が、ドラマを企画したきっかけや俳優としての香取の魅力をトーク。2人は香取がスタッフのためにデザインしたパーカを着用し、チームワークを感じさせた。

 濱谷氏は、自身が担当していた『ピラメキーノ』という番組で、10年前に香取がゲスト出演したことを振り返り、「まさかそこから10年後に、連ドラの主演でお迎えできるとは思っていなかったので、光栄です」と喜びを語った。

 開始から約15分が経過したところで、香取が電話で出演。事前にファンから募集していた質問に回答していくことになり、「久々の連ドラで毎日のルーティーンは変わりましたか?」と聞かれると、「メチャメチャ変わりましたよ。気持ちよくなってきました(笑)」と多忙ながらも充実感をにじませた。

 また、親友の山本耕史との共演について「プラスになることはありますか?」という質問や、「スタッフパーカーは全部で何着作ったんですか?」など、ファンからの質問に丁寧に回答していくと、あっという間にドラマの放送直前の時間に。「プロデューサーさんも大変だね」と2人を労いながら、「このYouTube見てくれてる人は、今から友だち・家族に連絡して『アノニマスを見てね』って拡散・たくさんお願いします!」と呼びかけた。

 配信はORICON NEWSのYouTubeチャンネルでアーカイブ配信中【https://www.youtube.com/watch?v=AB_TrFyNiIk&t=11s】。また、第2話が放送される2月1日の午後9時半から生配信第2弾が決定した。

 『アノニマス』第1話は、番組平均視聴率が7.3%(世帯)を獲得。ドラマBiz枠立ち上げ(2018年4月)以降、月曜午後10時スタートのドラマの初回としては最高記録を更新した(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 第1話はTVer、Paraviで見逃し配信中。Paraviではオリジナルストーリー『アノニマチュ!~恋の指相撲対策室~』の独占配信もスタート。「アノニマス」の知られざる舞台裏を描いた作品で、咲良(関水渚)に密かな恋心を抱く四宮(清水尋也)は、勝手に恋のライバルだと思い込んでいる万丞(香取)を倒し、彼女が好きな“強い男”になるべく、捜査に、指相撲(?)に、邁進する姿をコミカルに描く。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。