27日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比14銭円高ドル安の1ドル=103円66~67銭。ユーロは35銭円安ユーロ高の1ユーロ=126円08~12銭。

 米国の長期金利が今後上昇しにくいとの思惑が強まり、手元のドルを売って持ち高を調整する動きが出た。

 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え、投資家の様子見姿勢が強まっている」(外為ブローカー)との声があった。