中野光太郎さん

室井蓮太朗さん

小川将二郎さん

藤原春陽さん

 競輪やオートレースを運営するJKA(東京)は14日、日本競輪選手養成所に入る合格者を発表し、徳島県関係は男女4人が通過した。男子は中野光太郎さん(21)、室井蓮太朗さん(20)=いずれも生光学園高出、小川将二郎さん(18)、女子の藤原春陽さん(18)=いずれも小松島西高3年=で、5月から競輪選手になるための訓練に励む。

 4回目の挑戦だった中野さんは「これがスタート。初心を忘れず頑張る」、競輪選手を父に持つ室井さんは「成績上位で卒業して、父と同じ舞台で走れるようになりたい」と意欲的に話した。

 父と兄が競輪選手の小川さんは「憧れへのスタート地点に立てた。懸命に努力する」。県内2人目のガールズケイリン選手を目指す藤原さんは「プロのトップレベルで戦える選手になる」と抱負を語った。

 男子は第121回生、女子は第122回生で、2022年3月が卒業予定となる。