ロボットの共同出資会社設立を発表するソフトバンクロボティクスグループの冨沢文秀社長(左)とアイリスオーヤマの大山晃弘社長=27日午後、東京都内(アイリスオーヤマ提供)

 ソフトバンクロボティクスグループ(東京)とアイリスオーヤマ(仙台市)は27日、ロボットの開発、販売を手掛ける共同出資会社を2月1日に設立すると発表した。技術力を持ち寄り、法人向けロボットで新たな市場を開拓したい考えだ。

 新会社は「アイリスロボティクス」で、本社は仙台市に置く。出資金は1千万円。アイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスグループが49%を出資する。

 ソフトバンクロボティクスグループは、ソフトバンクグループでロボット事業を統括する。人型ロボット「ペッパー」などを手掛けている。