徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループSTU48が2月17日に発売する6作目シングル表題曲「独り言で語るくらいなら」が、海のMAGNET教育推進実行委が制作した海洋ごみ問題を題材としたアニメ「サンタ・カンパニー~真夏のメリークリスマス~」のエンディングテーマに起用された。作中ではメンバーの門脇実優菜さんが「カワイイ天使」役、大谷満理奈さんは「ミステリアス天使」役として声優に挑戦している。

STU48

 STU48とのタイアップは、船上劇場「STU48」を拠点に活動し、国土交通省が子どもや若者をはじめとした幅広い人々に海や船の楽しさを知ってもらうために進めている「C to Seaプロジェクト」のアンバサダーを務めるなど海の魅力や海洋問題の発信に取り組んできたグループと事業の趣旨が合致することから実現。メンバーの中でも特にアニメが好きなことで知られる門脇さん、大谷さんの出演が決まった。

 映画は、2019年公開の「サンタ・カンパニー~クリスマスの秘密~」のスピンオフ作品で、南の島を舞台にサンタになることを目指す子どもたち「トントゥ」が大活躍する。戸松遥さん、釘宮理恵さん、古谷徹さんらが出演しており、上映時間は約30分。今後、全国で上映会を行うほか、1月29日には世界で2000万人以上のアニメファンが集うコミュニティー「MyAnimeList」を通じて世界配信のオンライン上映会を開催予定となっているなど、多角的に展開される。

 実行委が、学習のための表現手法としてマンガやアニメ、ゲーム、インターネットを通して社会課題に向き合う体験を提供する事業の一環で制作。日本財団「海と日本プロジェクト」がオールジャパンで「これ以上海にごみを出さない」という社会全体の意識を高めるムーブメントを起こすために産官学民で連携して海洋ごみの削減モデルを作って国内外に発信するプロジェクト「CHANGE FOR THE BLUE」の一環となっている。

 実行委の独自調査によると「社会課題への関心を喚起する上でマンガやアニメが使われていたら鑑賞したいか」という質問に91%の人が「鑑賞したい」と回答。2人に1人が「部活動や職業などの選択にマンガやアニメが影響している」と答えていることから、さまざまな海洋問題をストーリー性があって質の高いアニメやマンガ作品化してより多くの人たちに自分のこととして考えてもらえるように、日本から世界へ向けて配信することになった。

■「サンタ・カンパニー~真夏のメリークリスマス~」MyAnimeListワールドプレミア(上映会)
 公開時刻:東京 1月29日8:00
      ロサンゼルス 1月28日15:00
      ニューヨーク 1月28日18:00 など
 ※各国の公開時刻(現地時間)はMyAnimeListのWebサイトに記載
  MyAnimeList URL:https://sc.myanimelist.net/

■学校教育現場での活用や上映会等の実施
 全国の小学校に向けて「サンタ・カンパニー~真夏のメリークリスマス~」の上映と副教材を活用した学習を呼び掛け、朝日小学生新聞を通じて希望校にDVDを配布する取組を実施。上映会の実施を希望する地域コミュニティーや幼稚園などにもDVDを配布する。

■「サンタ・カンパニー~真夏のメリークリスマス~」
 監督:糸曽賢志
 出演:戸松遥(ミント役)、釘宮理恵(トーマス役)、山下まみ(ノア役)、
     古谷徹(エジソン役)、佐藤正治(パネル役)
 制作:株式会社ORENDA
 URL:https://santa-company.net/uminohi/
     1月29日から公式Webサイトでも作品を視聴できる

■2019年劇場公開作品「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」
 世界中の子どもたちにプレゼントを届ける大手企業という舞台設定の「サンタ・カンパニー」は、14年に短編アニメを糸曽監督自らが出資して制作した。19年劇場公開作品では、物語を広げて大幅リニューアル。劇場公開に向けては、19年6月にSony Bank Gateで投資型クラウドファンディングに挑戦し、記録的なスピードで4000万円を調達。さらに購入型クラウドファンディングを実施することでアニメファンとともに作品を盛り上げた。