江戸パートの豪華セットに驚いた吉沢亮(C)NHK

 俳優の吉沢亮が27日、オンラインで行われたNHK大河ドラマ『青天を衝け』(2月14日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか)のリモート会見に出席した。

【場面写真】畑を耕す吉沢亮&高良健吾

 本作は、生涯に約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わった「日本資本主義の父」、晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれ新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一が、幕末から明治へ、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続け、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

 この日は、江戸城内のセットで行われていた撮影現場と中継をつなぎ、井伊直弼役の岸谷五朗が登場。「お亮! 元気か!」と声をかけ「江戸城の人間は渋沢栄一に会うことがない。お亮にも現場では一度も会えないと思うけど、頑張って務めていただきたいと思います!」と優しくメッセージを送った。

 吉沢は「江戸パートの世界観をまったく知らなくて、畑ばっかり耕しています(笑)。こんな豪華なセットなんだな」と驚きつつ、「五朗さんともお会いしたかったですけど、なかなか会えるタイミングがなく。寂しいですが、素晴らしい世界観だったと思います」と話した。

 第1話では、徳川慶喜(草なぎ剛)を追いかけるために疾走するシーンがあるが「実際に馬と並走しながら、全力で追いかけながら撮ったので体力的にはしんどかった」と振り返り、「今回の栄一は走らされているので、足腰強くなったんじゃないかなと思います」と笑っていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。