JR九州の青柳俊彦社長は27日、福岡市で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長された場合、社員の一時帰休を検討する考えを示した。