ウオーミングアップする西武・渡部=埼玉県所沢市(代表撮影)

 西武のドラフト1位ルーキー渡部(桐蔭横浜大)が27日、埼玉県所沢市での新人合同練習を打ち上げ「(大学時代はあまりやらなかった)マシン打撃も慣れてきた。ランニングが多くて体の切れも出てきた。バットが振れている感じがする」と手応えを語った。

 6日の入寮時に118キロだった体重は2キロ減ったという。右肩の故障の影響で2軍主体のB班スタートとなったキャンプではベストの112~115キロを目指す。「測ったらしっかり減っていたので良かった。キャンプでは投手のボールを打ち返せるようにするのと、けがを悪化させないようにしていきたい」と意気込んだ。