新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして26日に詐欺容疑で松江署に逮捕された慶応大生鶴岡嵩大容疑者(22)が、野球部で活動していたことが27日分かった。慶応大が明らかにした。