携帯電話で通話しながら乗用車を無免許運転したとして、徳島中央署は31日、道交法違反の疑いで、徳島市の警備員の男(26)を逮捕した。

 逮捕容疑は30日午後4時50分ごろ、徳島市三軒屋町下分の国道で、携帯電話を手に持って通話しながら乗用車を無免許運転したとしている。

 署によると、パトロール中の署員が、携帯電話で通話しながら車を運転していた男を発見。停止させたところ「子どもが危篤で病院に向かっている。後で出頭するので、今は行かせてほしい」と訴えたため、現場を離れることを認めた。しかし、病院に問い合わせて虚偽の内容だと分かったことから、自宅に戻っていた男に任意同行を求めた。男は「逮捕されるのが怖かった」と容疑を認めている。