中学時代の同級生を暴行して死亡させたとして、徳島地検は2日、徳島市の無職の男(49)を傷害致死罪で起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状などによると、1月2日ごろ、男の自宅で、同市の警備員の男性(49)の顔面を蹴るなど暴行を加えて、顔面骨折や外傷性くも膜下出血などの傷害を負わせ、窒息死させたとしている。