写真を拡大 お弁当(600円)。取材日の副菜は大豆の生姜煮、さつまいもツナサラダ、ブロッコリーのしらすチーズ焼き。

 那賀川にかかる大京原橋から北へ約300mの交差点を東へ入ってすぐ、ピンクの垂れ幕が風になびいているのが見えてくる。手作り弁当を予約販売する「ウエハランチ」だ。

 店主の並木弓季さん(28・阿南市出身)は管理栄養士の資格を活かし、徳島市のデイサービスで弁当の製造に携わっていた経験を持つ。妊娠、出産を機に生活の拠点を地元阿南市へ移し、昨年9月に営業を始めた。「お弁当は1食あたり600kcal、塩分は2.5gに抑えているんですよ」と並木さん。体に優しいメニューがお客に好評だ。

 白米は実家で育てているコシヒカリを使用し、ふっくら炊きあげる。おかずは日替わりで主菜1品、副菜3品を基本スタイルとしている。取材日の主菜は親子煮。鶏モモ肉、玉ねぎ、えのきが合わせ出汁、砂糖、薄口しょうゆなどで柔らかい甘さに味つけされ、ふんわりと卵でとじられる。「えのきで食感に面白さを出してみました。料理を一工夫することで、毎日食べても飽きない献立にするのを大切にしています」と目尻を下げる。弁当は電話、もしくはラインで受け取り前日の正午までに注文をしよう。数量限定での販売になるため、予約が埋まり次第終了となる。

 また、土曜、日曜にはオードブル(1400円/1〜2人前)を販売している。エビフライやハンバーグなどの定番おかずにフルーツ、野菜などが彩りよく入る。オードブルは受け取り2日前の正午までに予約が必要だ。 

 今後の展望について「家のお米を使った米粉パンを焼いたり、スープカレーをお弁当にできんかなあと構想中です。レシピのレパートリーを増やしていきたいです」と並木さん。続けて「今は予約制の販売やけど、5年以内に那賀川町で店舗型のお弁当屋さんを開くのが目標です!」とチャーミングに笑う。

住所=徳島県阿南市那賀川町大京原239-1
0884-49-4935(受付は7:30~16:30)
受け渡し=10:30~12:00
定休日=祝(土日はオードブルのみ販売)

駐車場:あり
多機能トイレ:なし
Wi-Fi:なし
キッズスペース:なし
開設:2020年9月7日