昔の記憶が色鮮やかに蘇る古い時代の道具、ちょっと懐かしい柄の食器、暮らしのポイントとなる個性的なアイテム…。素敵な空間を演出してくれる雑貨たち。あなたのお気に入りを見つけて。※掲載している商品は取材時のもので、1点物は品切れの場合があります。

いにしえ堂(石井町)

 店主の毛利浩介さん(61・石井町出身)が幼少期に身近にあった昭和30年代から40年代にかけての雑貨をメインに取り扱う。ブリキの玩具、瀬戸焼などの食器、真空管ラジオなどの家電、味の出ている古着…棚には天井付近まで所狭しと商品が並んでいる。

写真を拡大 1階には食器や家具、玩具や文房具が所狭しと並ぶ。2階ではシャツやジャケットなどの古着やバッグなどを販売。

 毛利さんが昔から趣味で集めてきた物、県外まで足を伸ばして買い付けた品々だ。商品は今でも使えるよう定期的にメンテナンスを行っている。 

写真を拡大 ブリキのパンダ(400円) ネジを専用工具で回すと太鼓をトントン叩きだす。
写真を拡大 真空管ラジオ(1万2800円) 昭和40年代製で今のラジオと比べて音が柔らかい。

 また、パーツが壊れて手に入らない場合は、現行品の似た物と組み合わせてリメイクし、往時と変わらない状態を再現している。「小さい頃から玩具や雑貨を集めるのが好きでした。これだけ昭和のものがあると、まるで当時に戻ったような感覚になれるんです」と朗らかに笑う。お店では古物の買い取りもしている。

写真を拡大 黒電話(2800円) 今も現役で使うことができる。
写真を拡大 扇風機(7800円) 昭和40年代のもので今も可動する。

住所=徳島県石井町高川原字高川原217-14
営業時間=12:00〜19:00
定休日=水曜、木曜休

駐車場:あり
キッズスペース:なし
多機能トイレ:なし
開店:2019年
Wi-Fi:なし