臨時記者会見を行う飯泉嘉門知事=4日午後4時半ごろ、徳島県庁

 徳島県は4日、10~60代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち10代男性は松茂町の高校生で、クラスター(感染者集団)が発生した生光学園高校(徳島市)の男子生徒の弟。同校と鳴門高(鳴門市)に関連するクラスターの規模は45人となった。

 10代男性は両校とは別の高校に通っている。兄の濃厚接触者として1月22日に検査を受けて陰性だったが、今月3日に発熱などの症状が出た。1回目の検査以降は県が外出の自粛などを求める「健康観察期間」に入っており、登校していない。同居する祖父母も1日に陽性と判明している。

 他の2人は徳島市の60代女性派遣社員と藍住町の30代男性会社員。60代女性は1月26日から37度台の発熱が続いていた。肺炎の症状があり中等症という。

 30代男性は1月26日から全身倦怠(けんたい)感や頭痛があり、今月2日に医療機関で検査を受けた。1月25日に出張で香川県に出掛けており、県は「現地で感染した可能性がある」としている。

 県内の感染者は累計392人となった。