徳島刑務所

 徳島刑務所は5日、女性収容者に「ベリーグッド」などと声を掛ける不適正な処遇を行ったとして、男性副看守長(47)を減給100分の20(1カ月)の懲戒処分にした。

 発表によると、副看守長は昨年7月13日夜から翌14日未明に刑務所内を1人で巡回。女性収容者が入っていた居室前で複数回、「つら右」「ちち右」「けつ左の右横」「ベリーグッド」などと声を掛け、恐怖心と不快感を与えた。

 女性収容者が翌朝、刑務所の女性職員に報告して発覚した。刑務所の調査に対し、副看守長は「(女性収容者の)就寝状況を確認するための独り言だった」と主張。刑務所は声を出すこと自体が不適正で、セクシュアルハラスメントにも該当し得ると判断した。

 所長は「公務への信頼を損ね、深くおわび申し上げます。研修等を通じて職員の指導を徹底します」とのコメントを出した。