臨時記者会見を行う仁井谷保健福祉部長(左)と坂東危機管理環境部副部長=6日午後3時15分ごろ、徳島県庁

 徳島県は6日、徳島市の80代男性と阿波市の10代男子高校生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男子生徒はクラスター(感染者集団)が発生した生光学園高校の生徒だが、2週間の健康観察期間後に発症しており、県は感染経路を詳しく調べ、クラスターに含めるかどうかを今後判断する。県内で感染が確認されたのは累計394人になった。

 生徒は1月20日の検査で陰性となり、健康観察のため2月2日まで自宅待機していた。同日に県内の別居家族宅を訪問。4日に発熱や味覚障害の症状が出て医療機関を受診した。県は濃厚接触者として同居家族と別居家族計6人を検査し、感染経路の特定を進める。

 80代男性は1日からせきや悪寒があり、5日に医療機関を受診。酸素吸入を受けており、中等症という。