潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)

 8日午前10時55分ごろ、高知県足摺岬沖の太平洋上で、海上自衛隊潜水艦「そうりゅう」と民間商船が衝突した。海自によると、潜水艦の乗員3人が負傷したとみられる。浮上しようとした際、商船の底をこするように衝突し、船体上部を一部損傷した。航行に支障はないという。政府は官邸に情報連絡室を設置し、状況の把握に当たっている。

 加藤勝信官房長官の説明によると、海上保安庁が衝突したとみられる船舶に連絡したところ、衝突の振動はなく、船体のダメージはないと思われるとの回答があったとしている。

 菅義偉首相は①情報収集に万全を期す②民間商船を安全確認し、必要な場合は迅速な救助活動を徹底する③国民に情報提供を行う-の3点を指示した。加藤氏は「指示を踏まえ、関係機関と連携を図りながら、一体となって全力を挙げて対応していく」と述べた

 そうりゅうは基準排水量2950トン、長さ84メートル、幅9・1メートル。乗員は約65人。2009年に就役した。