徳島県は11日、つるぎ町で1月29日に見つかったマガモ1羽の死骸から検出されたA型の鳥インフルエンザウイルスは、高病原性の「H5N8亜型」と確認されたと発表した。

 県によると、鳥取大で11日に確定検査を行い、高病原性ウイルスを検出した。現在、回収地点の周辺10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定して監視体制を強化しており、引き続き野鳥の生息調査や死骸の巡回監視を行う。

 つるぎ町内の住宅地で見つかったマガモの死骸は、4日に国立環境研究所(茨城県)で遺伝子検査を行い、A型鳥インフルエンザの陽性が判明していた。