徳島刑務所

 徳島刑務所は12日、傷害と器物損壊、公務執行妨害の疑いで、40代受刑者の男を書類送検した。

 書類送検容疑は、昨年9月1日午後3時20分ごろ、単独居室内で、刑務官が居室内を確認するための小窓に机を打ち付けて窓ガラスを壊した。同3時25分ごろには、自身を連行しようとした30代男性刑務官の顔面に複数回、頭突きをした上、右足で蹴る暴行を加えて公務の執行を妨害し、3日間のけがを負わせたとしている。

 刑務所によると、当時は居室内で刑務作業をする時間帯だったが、男は作業をしておらず、巡回中の刑務官が言葉遣いを注意したところ犯行に及んだ。男は「故意ではなかった」と容疑を一部否認している。