13日午前8時ごろ、愛媛県宇和島市の日振島の磯で釣りをしていた徳島市の銀行員男性(52)と、徳島市の会社員男性(49)が波にさらわれ、海に転落した。2人は約2時間後に引き上げられ、病院に搬送されたが銀行員男性は死亡が確認された。死因は溺死。会社員男性は右脚打撲などの軽傷。

 宇和島海上保安部によると、転落後に会社員男性が携帯電話で110番し、捜索中の巡視船などが2人を発見した。転落時、2人は救命胴衣を着用していた。

 銀行員男性らは他の2人の男性と計4人で、午前7時ごろから釣りをしていた。他の2人は別の磯にいて、けがはない。