蒸気機関車が引く貨物列車が停車中の阿波赤石駅=1958(昭和33)年、本社所蔵写真

 蒸気機関車に引かれた貨物列車が駅に停車している。木造の駅舎は小松島市赤石町の国鉄・阿波赤石駅。1958(昭和33)年に撮影したものだ。駅前や道路に車は見当たらず、のんびりとした雰囲気が漂う。

 駅の前身は1916年に開業した私鉄・阿南鉄道の赤石駅。当時、写真にある立江川河口に設けられていた赤石港や周辺の集落の最寄り駅として設置された。

 36年に阿南鉄道が国有化されて阿波赤石駅に改称。JRに移行してからも駅名はそのまま継承されているが、駅舎は2015年に解体され、今は残っていない。

 この駅が最もにぎわったのは太平洋戦争中だったと聞いたことがある。和田島にあった海軍航空隊・小松島基地で使う燃料が輸送されていたためで、貨車から次々とドラム缶が下ろされていたそうだ。