雪が降る中、傘をしっかり握って足早に通勤する人=17日午前8時半ごろ、徳島駅前

 冬型の気圧配置が強まる影響で、徳島県内は17日昼前から18日にかけて山地を中心に平地でも大雪となる恐れがある。徳島地方気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、17日から四国の上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む。17日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北部の山地10センチ、平地5センチ、南部の山地5センチ、平地2センチ。その後24時間は北部の山地20~40センチ、平地10~20センチ、南部の山地10~20センチ、平地5~10センチと予想されている。

 17日の県内は、寒気や湿った空気の影響でおおむね曇り、北部では未明に雨や雪が降る見込み。日中の最高気温は美波町8度、徳島市5度、三好市池田町2度と予想され、平年を7・1~4・5度下回る見通し。