臨時記者会見をする飯泉知事=17日午後6時15分ごろ

 徳島県は17日、新型コロナウイルス感染が16日に確認された男女5人について詳細を発表した。このうち上板町の10代男子中学生と板野町の10歳未満の男子小学生の2人は、これまでに陽性が確認された男女が働く県内の屋内施設を利用していた。このほか入院治療を受けていた70代の患者1人が16日に死亡したと明らかにした。県内の死亡者は累計16人となった。

 県によると、屋内施設は小中学生向けに食事や学習補助のサービスを提供しており、14日に感染が確認された50代女性パート従業員と、15日に陽性が判明した30代男性会社員が働いていた。男子中学生は13、14の両日、男子小学生は15日に施設を利用。無症状だったものの、先に感染した2人の接触者として検査を受け、陽性と分かった。

 他に感染が確認されたのは徳島市の40代男性会社員と息子の10代男子小学生。息子は7日から、父親は14日から発熱などの症状があった。残る1人は東みよし町の30代女性会社員で、15日に発熱やせきなどの症状が出た。

 小中学生3人が通う3校は17日にそれぞれ休校し、校内の消毒作業などを行った。