臨時記者会見をする飯泉知事=18日午後5時半ごろ

 徳島県は18日、松茂町の高齢者施設職員の30代女性と徳島市の60代男性会社役員、藍住町の60代男性町職員の3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。17日夜に発表した男子小学生2人についても詳細を明らかにした。小学生2人は松茂、藍住両町在住で、同じスポーツクラブのメンバー。町職員はクラブの指導者だった。この3人は16日に感染が分かった徳島市の男子小学生と共に屋内施設でクラブ活動をしていた。

 30代女性は松茂町の男子小学生の母親で、クラブへの送迎をしていた。クラブのメンバーで感染した小学生3人と指導者の男性は5~14日の間に複数回、県内の2施設で活動した。練習は1日3時間程度で、マスクを外してプレーしていた。

 16日に徳島市の男子小学生の感染が判明したのを受け、県は他のクラブメンバー23人にPCR検査を実施。3人の陽性が分かった。他の20人は陰性だった。

 17日に感染が分かった小学生2人は別々の学校に通っており、いずれの学校も18日を臨時休校とした。藍住町は同日、確定申告相談を中止した。19日も取りやめる。県は30代女性の勤務先の入所者と職員計142人にPCR検査を実施する。

 男性会社役員は13日からせきや発熱の症状があった。5人は全員、無症状か軽症という。

 県内の感染者は累計444人となった。