愛媛県は19日、新型コロナウイルスで入院していた高齢者1人が死亡し、12人が感染したと発表した。県などによると、うち7人はバングラデシュから今治市の造船会社「今治造船」を訪れていた同国籍の船員で、県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。県内の死者は23人、感染確認は1044人。

 船員は1月23日に来県した。今治造船で船を受け取った後、中国へ向かうために20人がPCR検査を実施し、7人の陽性が判明した。