感謝状を受け取る永濱さん(左から2人目)=北島町の板野東部消防組合消防本部

 板野東部消防組合消防本部は、藍住町のゆめタウン徳島で買い物中に心肺停止で倒れた60代男性を助けたとして、徳島市応神町吉成の永濱浩一さん(64)、同市国府町府中の池添良一さん(62)、松茂町広島の山本昭信さん(32)=いずれも警備員=の3人に感謝状を贈った。

 消防本部によると、昨年10月17日午前11時40分ごろ、店内で警備員の駐在する防災センターにいた池添さんが、男性が倒れているとの情報を聞いて119番。池添さんと、無線で状況を知った山本さん、永濱さんが駆け付け、心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)で蘇生させた。

 北島町の消防本部で2月8日に贈呈式があり、川脇稔消防長から感謝状が手渡された。3人は「助かってもらいたいという気持ちで必死だった。男性が社会復帰したと聞いてうれしい」と話した。